ピルってなに?


ピルとは主に「低用量ピル」経口避妊薬のことです。

pill1024ピル(経口避妊薬)は、女性の卵巣でつくられる「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つが主成分。これら女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ薬です。
また、女性を悩ます生理を簡単かつ安全に生理予定日をコントロールしたり、症状を軽くしたりできるという、ピルには働く女性にとってたくさんのメリットがあります。
多くの日本人女性にとってあまり馴染みがないピルですが、「フランスでは約60%の女性がピルを服用しているというデータもあります。

ピルの効能

ピルには、安全で確実な避妊効果のほかに、次のようなさまざまなメリット”副効用”があります。

  • 生理予定日のコントロール
  • 月経血量の減少による貧血の改善
  • 月経痛の改善
  • 子宮内膜症の予防と改善
  • 月経前症状(PMS)の軽減
  • にきび、多毛などの改善

副作用の心配

服用を開始してしばらくの間、悪心や不正性器出血などのマイナートラブルが発現することがありますが、 それらは2〜3周期でほぼ減少します。
血栓症(血液が固まり、血管を詰まらせる)による死亡の報道がありましたが、特定のピルのみだけでなくすべてのピルにはリスクを伴いますが、決して多いわけではありません。

血栓症リスク

一般女性 1-5人/10000人
低用量ピル服用女性 3-9人/10000人
妊娠中の女性 5-20人/10000人
分娩〜分娩後12週の女性 40-65人/10000人

死亡リスク

ピルによる血栓症 1人以下/10万人
不慮の事故 15人/10万人

万が一、ピルを服用していて以下の症状があれば中止してください。すぐに中止すれば大事に至ることはありません。

A abdominal pain (激しい腹痛)
C chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)
H headache(激しい頭痛)
E eye / speech problems(見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)
S severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、握ると痛い、赤くなっている)

ピルが飲めない方

  • 喫煙-35 歳以上で、1 日 15 本を超える喫煙者
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 片頭痛
  • 乳腺疾患
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患
  • 長期の安静臥床を要する大手術
  • 母乳栄養-分娩後 6 週以内
  • 深部静脈血栓症

以上の疾患を持っている人全てではありません。医師に相談してください。

ピルの種類

当院で取り扱っているピル

マーベロン28
marvelon
(1相性) (低用量)
トリキュラー28
toriquller_e
(3相性) (低用量)
ヤーズ配合錠
yaz_e
 (1相性) (超低用量)
ルナベルLD
linabell
 (1相性) (低用量)
ルナベルULD
lunabell_uld
 (1相性) (超低用量)