アフターピルの値段相場はいくら?どこで買うと安いのかも解説


アフターピルの値段相場は、1回あたり6,000〜15,000円です。

処方を受ける場所やアフターピルの種類によって、価格は変わります。

【この記事のポイント】

アフターピルの
相場
6,000~
15,000円
アフターピルの
種類
>>値段を見る
ノルレボ
レボノルゲストレル
エラワン
アフターピルの
購入場所
>>値段を見る
オンライン診療
産婦人科
一部の薬局

アフターピルが高い理由は、保険が適用されないためですよ。

相場自体は、産婦人科とオンライン診療で同じくらいです。

なお、オンライン診療なら、交通費なしでアフターピル処方が受けられます。

また節約ができるだけでなく、病院や薬局に行く手間も省けますよ。

【送料無料|おすすめのオンライン診療】

クリニック料金
スマルナ

チャットで診察!
顔出しなしのピル処方
ピル:9,480円
診察:1,500円
送料:無料
--------
合計:10,980円

>>公式サイト
メデリピル

満足度98%
CMで話題のサービス
ピル:9,900円
診察:1,650円
送料:無料
--------
合計:11,550円

>>公式サイト

※税込み/保険適用外

※mederi Pill 診療満足度アンケートより 期間:2021年6月12日~8月13日/回答者数:会員様438名
※この記事はPRを含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報、緊急避妊法の適正使用に関する指針を基に作成しています。

アフターピルの値段(価格)はいくら?

アフターピルの値段(価格)の相場は、6,000〜15,000円です。

相場の価格に幅があるのは、アフターピルの種類によって料金が異なるためです。

種類
(制限時間)
1回分の
値段相場
ノルレボ
(72時間)
>>詳細を見る
8,000〜
15,000円
レボノルゲストレル
(72時間)
>>詳細を見る
6,000〜
10,000円
エラワン
(120時間)
>>詳細を見る
10,000〜
20,000円

アフターピルには、性行為から服用までのタイムリミットが設けられています。

タイムリミットが長いピルほど、料金は高額になりがちです。

ノルレボの値段|8,000〜15,000円

アフターピルの「ノルレボ」は、8,000〜15,000円が相場です。

厚生労働省が一定の安全性と効果を認めるノルレボは、日本で流通量が多いアフターピルの1つ。

多くの産婦人科・オンライン診療で取り扱われており、自由診療のため処方される場所によって価格が異なります。

レボノルゲストレルの値段|6,000〜10,000円

「レボノルゲストレル」の値段相場は、6,000〜10,000円です。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)に該当するレボノルゲストレルは、ノルレボよりも安いことが特徴。

なお、避妊率や効果はノルレボとレボノルゲストレルで変わりません。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは:
先発医薬品の特許が切れたあとに、同成分で開発された医薬品のことです。開発・費用がかからないため、先発品よりも安価で販売されています。

エラワンの値段|10,000〜20,000円

120時間以内に服用することで避妊効果が期待できる「エラワン(エラ)」は、10,000〜20,000円が相場です。

海外では主流のアフターピルですが、日本では承認されていない「未承認薬」に該当します。

▼未承認薬を使うデメリット

  1. 取り扱うクリニックが少ない
  2. 効果や安全性が保証されていない
  3. 医薬品副作用被害救済制度が使えない

日本での認可はありませんが、海外では効果や安全性が認められているため、過度な心配は不要です。

未承認薬を使うことに抵抗があるなら、日本製の承認薬(ノルレボやレボノルゲストレル)を選びましょう。

なお、医薬品副作用被害救済制度とは、入院が必要なほどの副作用が生じた際に、年金や医療費などの給付が行われる制度のこと。

日本で認可のあるノルレボやレボノルゲストレルは、医薬品副作用被害救済制度の対象に該当しますが、エラワンは対象外の医薬品です。

アフターピルのもらい方・購入方法

アフターピルは、オンライン診療・産婦人科や婦人科などの病院・一部の薬局で購入できます。

購入できる
場所
1回分の
値段相場
オンライン診療
>>詳細
6,000〜15,000円
産婦人科
婦人科
>>詳細
6,000〜15,000円
一部の薬局
>>詳細
7,000~9,000円

アフターピルは、それぞれのクリニックや薬局で値段設定が異なります。

また、病院やオンライン診療でアフターピルの処方を受ける場合、診察代・手数料・送料などがかかることも。

そのため、安くアフターピルを手に入れたいなら、ピル処方にかかる費用の合計を確認しましょう。

オンライン診療

オンライン診療とは、スマートフォンやパソコンなどで診察・ピル処方を受けられるサービスです。

診察は、電話やビデオ通話、チャットなどで行われます。

処方されたアフターピルは郵送で自宅に届くため、病院や薬局へ行く手間がなく忙しい方でも利用しやすい方法です。

【アフターピル処方の流れ】

  1. 公式サイトから予約
  2. 氏名や生年月日などの個人情報を登録
  3. 予約日に電話やチャットなどで診察
  4. クレジットカードなどで支払い
  5. 1~2日でピルが自宅に届く

※オンラインピル処方は医師の診療が必要となり、医師の判断によってはお薬を処方できない場合があります。

オンライン診療は、クリニックが近くにない方や忙しくて行けない方におすすめですよ。

なお、ピルの配送には数時間〜2日ほどかかります。

タイムリミットが迫っている場合、オンライン診療を使うと手遅れになることもあるため、産婦人科や婦人科でピル処方を受けましょう。

なお、オンライン診療ではアフターピル代のほか、診察代(1,000〜2,000円)や送料(500〜1000円)がかかることもあります。

>>値段が安いオンライン診療8選

産婦人科や婦人科などの病院

アフターピルは、産婦人科や婦人科などのクリニックでも処方してもらえます。

【アフターピル処方の流れ】

  1. 公式サイトや電話で予約
  2. 受付で受診の目的を伝える
  3. 問診票を記入する
  4. 医師の診察を受ける
  5. 会計後、アフターピルを受け取る

受診後すぐにアフターピルをもらえる点が、病院のメリットです。

なお、病院でピル処方を受ける際には、ピル代のほかに1,000〜3,000円ほどの診察代がかかるケースもあります。

アフターピルの処方にかかる費用を抑えたい場合は、診察代が無料のクリニックを探してみましょう。

一部の薬局

アフターピルは、2023年11月28日より一部の薬局でも購入できるようになりました。

販売は試験的に行われているため、アフターピルを販売している薬局は全国で145か所と少なめです。

【アフターピル処方の流れ】

  1. 取り扱い薬局リストで近い薬局を探す
  2. 薬局に電話をかけて事前相談
  3. 来店し薬剤師を探す
  4. 薬剤師から服用指導を受ける
  5. 会計後、アフターピルを受け取る
  6. 薬剤師の前でアフターピルを服用

薬局でアフターピルを購入した場合は、薬剤師の前で服用かつ所要時間2分ほどのアンケートへの回答が必要です。

アンケートは、アフターピルを服用して3〜5週間後にも再度行われます。

なお、薬局でアフターピルを購入する場合は、身分証明書やスマートフォンなどが必要です。

アフターピルは72時間以内の服用で避妊効果を期待できる

日本で承認されているアフターピル(ノルレボ・レボノルゲストレル)は、72時間以内の服用で避妊の効果を期待できます。

また、性交渉からアフターピルを服用するまでが早いほど、避妊効果がより高くなりますよ。

性交渉から
経過した時間
避妊の
成功率
24時間以内95%
25〜48時間以内85%
49〜72時間以内58%

できるだけ早く服用することが大切です。

アフターピルを服用すべきか迷って、飲むタイミングが遅れると、避妊できる確率は徐々に低下します。

困ったり悩んだりしたらまずは医師に相談し、服用すべきかの判断を医師に任せてしまうのがおすすめです。

▼アフターピルの基本情報

服用すべき
ケース
性交渉で避妊をしなかった
膣外で射精した
コンドームが破れた
コンドームが外れた
低用量ピルを飲み忘れた
性被害に合った など
副作用悪心(気持ち悪さ)
嘔吐
頭痛
腹痛など
副作用の
対処法
吐き気止めを服用
痛み止めを服用
食事をしてから服用
飲み方1回1錠
水またはぬるま湯で服用

アフターピルは72時間以降だと意味がない?

72時間以降での服用では、ノルレボやレボノルゲストレルの場合、避妊効果が大きく低下します。

そのため、72時間以降の場合は海外で主流のエラワン(エラ)を服用するようにしましょう。

エラワン(エラ)なら、性交渉から120時間以内の服用で避妊率98%の効果が期待できます。

服用の
タイミング
エラワンの
避妊率
24時間
以内
98%
25~
48時間
98%
49~
72時間
98%
72~
120時間
98%

エラワンは、性交渉から120時間以内であれば、時間が経過しても避妊の成功率に大差がありません。

そのため、性交渉から72時間経過した場合は、エラワンの服用を検討しましょう。

エラワンの解説に戻る

アフターピルの値段に関するよくある質問

Q.アフターピルは保険適用外?理由は?

アフターピルは、保険適用外の薬です。

日本で保険が適用できるのは、病気やケガの治療のみ。

「避妊」は病気やケガに該当しないため、保険が適用されないのです。

Q.アフターピルをもらうには保険証なしでも良い?

アフターピルをもらう場合、保険証は不要です。

ただし、本人確認のため免許書やマイナンバーカードなどの提示が求められる場合があります。

そのため、病院を受診する場合は、身分証明書を持参しましょう。

Q.アフターピル(モーニングアフターピル)の値段が病院によって違う理由は?

アフターピルの値段がクリニックによって違う理由は、アフターピルの処方が保険適用外(自由診療)であるためです。

自由診療の治療や薬の処方は、クリニックが各自で検査や薬の値段を決められます。

そのため、同じ種類のアフターピルでもクリニックによって値段が異なるのです。

Q.アフターピルは産婦人科などの病院とオンラインで値段(料金)が違う?

アフターピルは、産婦人科とオンライン診療でほとんど値段が変わりません。

安くピルを購入したいなら、診察代・送料・手数料などがかからないクリニックを選ぶのがおすすめですよ。

>>アフターピルが安いオンライン診療8選

Q.アフターピルは男性でも買える?

男性はアフターピルを購入できません。

アフターピルを購入するためには、女性自身が医師の診察を受けることが必要です。

なお、付き添いや支払いのみであれば、男性でも対応できます。

Q.アフターピルはどこで買うのが良い?値段が安いオンラインクリニックは?

アフターピルの購入場所は、状況に合わせて決めましょう。

▼オンライン診療がおすすめ

  • 産婦人科が近くにない
  • 病院へ行く時間が取りにくい
  • 土日や年末年始で病院が休診中
  • 病院へ行くのが恥ずかしい
▼産婦人科や婦人科がおすすめ

  • 72時間のタイムリミットが近い
  • 日中に病院へ行く時間がある
  • 性病の検査も受けておきたい
  • 近くに産婦人科がある

お得にアフターピル処方を受けたいなら、診察代や送料がかからないクリニックやサービスを選ぶのがおすすめです。

▶アフターピルにおすすめのオンライン診療

Q.低用量ピルとアフターピルの違いは?

低用量ピルとアフターピルの違いは、服用のタイミングや効果の持続期間です。

低用量ピル・毎日飲む
・服用中は避妊効果が持続
アフターピル・緊急時に飲む
・避妊効果は一時的

低用量ピルは、毎日1錠ずつ服用することにより、継続的な避妊の効果が期待できます。

一方で、アフターピルは、避妊に失敗してから服用するピルで、妊娠を防ぐ効果は一時的です。

それぞれ効果を得るための服用方法が異なるため、低用量ピルはアフターピルの代用になりませんよ。

性行為後の妊娠を防ぎたいなら、アフターピルを服用しましょう。

Q.アフターピルの通販(個人輸入)は、安いって本当?

通販サイト(個人輸入)のアフターピルは、安価で売られていることもあります。

しかし、偽物や異物の混在や、ピルが届くまでに1週間ほどかかってしまうことが多いため利用はおすすめしません。

【個人輸入のリスク】

  • 偽物が届く
  • 配送に1週間以上かかる
  • 破損した商品が届く
  • 期限切れのピルが届く

偽物や期限切れのピルは効果が期待できないだけでなく、健康被害を起こす可能性もあります。

さらに、個人輸入では偽物が届いても、返品や交換に応じてもらえません。

価格が安くてもデメリットが非常に多いため、アフターピルは病院やオンライン診療で処方を受けましょう。

【まとめ】アフターピルの値段相場は6,000〜15,000円

アフターピルの値段相場は、ピルの種類や購入する場所によって異なります。

種類
(制限時間)
1回分の
値段相場
ノルレボ
(72時間)
8,000〜
15,000円
レボノルゲストレル
(72時間)
6,000〜
10,000円
エラワン
(120時間)
10,000〜
20,000円

アフターピルは種類によって、服用までの制限時間も違います。

そのため、処方を受ける際は、値段だけでなくタイムリミットも確認しておきましょう。

土日や祝日、年末年始など産婦人科が営業していないタイミングには、オンライン診療が役立ちますよ。

>>おすすめクリニック8選を見る

【未承認医薬品等異なる目的での使用】エラワンは、国内では効能・効果への承認が下りてない自由診療の医薬品です。
【入手経路等】国内医薬品販売代理店
【国内の承認医薬品等の有無】ノルレボ・レボノルゲストレル
【諸外国における安全性等に係る情報】頭痛、吐き気 、不正出血 、乳房の張り等のリスクがあります。
【医薬品副作用被害救済制度について】万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となる。